創業100年の白鳥製薬グループの技術と品質で、安心安全なサプリメントを製造・販売しています

お電話でのご注文・お問い合わせ

受付時間 9:00~20:00(土日祝除)

0120-123-877

お問い合わせ

マイページ

カートを見る

  • お電話でのご注文・お問い合わせ

    受付 9:00〜20:00(土日祝除)

  • 0120-123-877

文字サイズ変更
標準
拡大

2015/11/09

平均寿命よりももっと大事な「健康寿命」をご存知ですか?

皆さんは「健康寿命」という言葉をご存知でしょうか? これは、日常的に介護を必要としないで自立した生活ができる期間のことです。

日本は世界に知られた長寿大国!ニュースでも大きく取り上げられるくらい皆さんの関心が高いのが「長生き」すること。もちろん長生きは、多くの人が望むものですが、果たして単純に「長生き」を目標としていいのでしょうか・・?

「長生き」というと、良いこと!と思ってしまう人がほとんどだと思います。しかし、いわゆる「平均寿命」には、寝たきりなど介護が必要な期間が含まれているため、単純に「長生き」すればいいってものじゃない!というのが最近の主流となっています。

そこで考え出されたのが、「健康寿命」という考え方です。闇雲に「平均寿命」を伸ばすのではなく、活き活きと暮らせる「健康寿命」をこそ伸ばしていこうじゃないか、という話には、なるほど一理あるように思えます。

日本における健康寿命は何歳?

2014年に厚生労働省が発表したデータによると、日本の健康寿命は男性71.19歳、女性74.21歳。平均寿命との差は男性で約9年、女性で約12年あるといいます。つまり平均して男性で9年、女性で12年だけ、何らかの介護が必要な状態になっているということですね。

これを長いと見るか短いと見るかは意見の分かれるところですが、ひとつ確実に言えるのは、この「介護が必要な期間」をできるだけ短くしていくことが、これからの時代の目標になるだろうということです。すなわち、健康寿命の延伸ですね。…

介護状態のストレスが健康を害する負のスパイラル

健康寿命は、本当に重要です。ひとたび介護が必要な状態になると、ご本人やご家族にかかるストレスは並大抵ではありません。ストレスが身体にいいわけもなく、また家庭の雰囲気が暗くなることで心理状態も悪化してしまいます。加えて、要介護状態では筋肉も衰えていきます。そうして心身ともにくたびれてしまうことで、より健康状態も悪くなり……と、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

きっかけは、「少し歩きづらくなった」といった程度のことかもしれません。しかしたったその程度のことでも、いつか寝たきりにまで発展してしまわないとも限りません。負のスパイラルに陥る前に、まずはリハビリなど、できる対策をしていきましょう。

健康の基本は歩くこと。活き活きと歩くためにサプリメントを活用

健康寿命を延ばす秘訣は「テクテク・カミカミ・ニコニコ・ドキドキ」。

これは適度な運動(テクテク)、規則正しい健康的な食事(カミカミ)、心の健康(ニコニコ)、五感を使った感動(ドキドキ)を指しています。特に大切なのが「テクテク」で、適度な運動あればこそ食事もおいしく、心も健康に保たれます。

サプリメントの世界でも、ダイエットや美容、生活習慣などと並んで、根強い人気テーマなのが「運動のサポート」なのです。

その中でも特に有名なのが、「グルコサミン」。グルコサミンは活き活きとした生活をサポートしてくれるサプリメントとして非常に有名で、「名前は聞いたことがある」という方も多いのではないでしょうか。

一般には「グルコサミン+コンドロイチン」というセットでサプリメント化されており、コンドロイチンは軟骨成分として知られています。白鳥ウェルファーマでお取り扱いしているのは、ヨーグルト風味で飲みやすく、発売から10年以上ご愛顧されて続けているロングセラー商品「グルコサミン」があります。

このサメ軟骨はコンドロイチンのもとになるものです。ちなみにグルコサミンはエビ・カニの殻から作られているので、海の幸のサプリメントと言えるかもしれません。

健康寿命を延ばす第一歩として、まずはできるだけ歩く毎日を。「グルコサミン」は、そんなあなたを応援いたします。ぜひ一度、お試しを。

おすすめの投稿

健康情報ブログ トップページ